外まわりのリフォーム

事例の一部をご紹介


Case1 屋根の葺き替え

屋根雪が道路へ落ちてしまうお宅。屋根にヒーターを入れつつ、トタンも限界だった為、屋根を葺き替えしました。落雪問題も解決です。

Case2 屋根を重ねて葺く方法

屋根を剥いで新しいトタンを張り直すことが難しい場合、既存の屋根の上に新しい屋根を作れます。この建物は法人様で通常業務に支障が出ないよう、建物内に雨やホコリの影響を出さないこの方法で行い、安心いただきました。

 


Case3 屋根にヒーター設置できます

落雪が隣地や道路に落ちてしまう際、屋根に後付けで電気ヒーターを付けられます。軒先のつらら対策もOK。

 

屋根ヒーターについてもっと詳しく知りたい方→こちらから

 

Case4 屋根を補強できます

切妻(三角)屋根でも雪が落ちないタイプの屋根は、長年の積雪状態によって部材が曲がってきます。このケースはその部材を後付け部品で補強しました。

 


Case5 外壁の張り替え

劣化してメンテナンス出来ない外壁は、張り直す事も出来ます。下地も部分補修したり、防水処置を施したり出来ます。

面単位で部分張り直しも可能です。外壁を剥がし、傷んだ木材や防水シートも改善した上で外壁材を張り替えた事例。

 

Case6 外部ベランダの修繕 

雪や雨の影響で、老朽化し傾斜してしまった外部ベランダ部分を新しく作り直した事例です。腐った柱の交換をはじめ、住宅内に雨漏りしていた箇所も修繕。

 


Case7 庇の修繕

外に屋根のかかった部分=庇。新設及び破損修繕の事例です。木材で作ったり、鉄製既製品も出来ます。

 

Case8 軒折れの修繕 

落雪による屋根軒先が大きく破損した事例です。折れた箇所だけを直すのであればまた同様の事が起きる為、電気ヒーターと屋根構造の補強を行って安心修繕を行ったケース。