点検の必要性(床下・天井裏)


床下は点検口か畳の部屋があれば点検を行う

事ができます。床下の施工方法は多種にある

ので物件毎にポイントは違ってきますが、

土台(木材)や地面、水道管や排水管、湿気の

状態、基礎内側などをチェックできます。


天井裏も点検したい箇所です。

点検口や押入天井が開く箇所がある場合に

チェックできます。雨漏りの跡がないか、

無落雪屋根の排水樋の裏側も見る事が可能な

為、現場で起きている様々な情報を収集し、

維持管理に活かすことが出来ます。


シロアリの発生事例です。

 

築年数30年以上のお宅、浴室が

タイル風呂の直下の床下にだいぶ

前から発生していたようです。

もともと住宅脇の物置に木材を

地べた放置していた経緯もあり、

それが引き寄せの1要因になった

ようです。

5月末~6月の蒸し暑い時期に

室内浴室から大量発生し、

2階にまで発生しました。

 

実は雨漏りも過去起こしていたようで、

シロアリ駆除専門者の話では漏水で濡れた

箇所があれば2階にも伝っていくらしく、

それが被害拡大の要因となりました。