点検の必要性(屋根)


屋根の点検事例です。

錆の発生が見られれば早めにトタン塗装を検討できるきっかけになります。

 

又、トタンの傷・穴など発見できるケースもあり、補修のきっかけになります。雨樋、天窓、軒裏等もチェックすると、材料保守、雨漏りや凍害の予防にも繋がります。


 

 

無落雪の点検事例です。ポイントは勾配屋根同様ですが、登って確認しない限り普段見えないので、より注意が必要です。

排水樋は泥や飛散チリが少しづつ溜まりますので泥上げも必要です。


過去あった点検事例です。

無落雪屋根で室内へ漏水していたようで、屋根裏を見た所、屋根水を下へ流す排水管をまっすぐ降ろさず、曲げて施工されていました。狭い中を無理に配管している事で、屋根排水口との接合部に隙間が生じており、これが漏水の要因でした。

 

当時の施工業者さんの判断に疑問を持ちつつ、大改修をしない限り配管をまっすぐ降ろす事は構造上無理である為、問題の部位内外に防水処置をし、定期チェックしていく方法となった事例です。