点検の必要性(外壁)


外壁の点検事例です。

雪国は無落雪屋根も多い為、軒のある建物に

比べれば雨雪が外壁にあたる割合も多くなり

ます。実際、屋根より外壁が原因の漏水事例

も多くみられる為、機会があればポイントを

絞って点検する事も有効です。

数年後に打つべく対策も検討できます。

壁のつなぎ目、窓まわり、屋根が取り合う

外壁周辺も注意が必要です。継目コーキング

材の陥没、はがれ、やせの症状がある場合、

早めに応急措置や補修を行うべきです。

モルタル外壁のヒビや換気扇穴の外囲いが

付いているか等も目に見えない漏水劣化を

抑えていく為に有効です。


外壁の点検時に当方ではアンテナや引き込み

線などのネジ劣化具合も見ています。

チェックしておくと、屋根外壁メンテナンス

時に合わせてネジ交換も可能になり、住む側

にとってより安心だからです。