リビングパートナーとは?


住まいや敷地の整備を扱っています

●リビングパートナーが扱っている分野は「住まいやその敷地」です。

●「住まいや敷地」において「計画する、作る、直す、維持する、診断する」等幅広くサポートをしています。

●どこに相談すればよいかわからない・相談しても次に進まない…などの問題を抱えている方をサポートします。

物売りではありません

●様々な問題に対して「出来上がった物(=商品)を売る」サポートではありません。

●ご意向を伺ったうえでアドバイスや提案を行い、あなたの解決策を見出していきます。

●その「解決策」をトータルで実現サポートします。

ご相談者の身になってアドバイスします

●ご相談ごとは多種多様です。特殊な相談なのではないか?とご不安にならずにお問合せください。

●ご相談ごとと同様の事例やご利用者のお声もご紹介しています。

ポリシー


関わりを通して「住む人の笑顔」が見たい

住む人が専門家に相談することは、不安でいっぱい。「話し合いしやすい相手かどうか」も重要です。

相談ごとのプロセスから完成までを通して「最初は不安でいっぱいだったけど、ここに頼んで良かった」と

思っていただけることが何よりです。話し合いの手間をいとわずご相談者と真摯に向き合います。

業者がしたがらない仕事から得られる声は住む人への良きのアドバイス

地縁の無い地域で仕事をしていくにあたり、広告等で営業経費を使うよりも仕事ぶりを見て貰い、リビングパートナーを身近に知ってもらうよう努めてきました。お手入れやメンテナンスといった、業者があまりしたがらない分野の積み重ねを通して得られた住む人の声」も、身近な参考アドバイスとして皆様へ還元しています。

真摯に、普通に

住まいに関わる仕事は信用第一です。

同業他社と比べたり、サービスやアドバイスを誇張せず、「やるべきことを真摯に普通に行う」を心がけています。

普通に行うことでご相談者が得る安心感や納得感に勝るものはありません。

小規模事業者だからできるお手伝い

小規模だからしやすいこと…より身近に・より細やかに・より個別に。

相談された事に対して「何が出来るか」を真摯に考えサポートします。

あなたがいいと思える住環境を

「周りに褒められる、評価される家」のお手伝いは苦手です。

住む人の「こうしたい」を反映した住環境が住む人にとってよかれ!と思うからです。その為のお手伝いは得意中の得意です。

相談ごとの「大小」で遠慮しないでください

どんなご相談でも、その方それぞれの「悩み・不安・希望」の想いに大きい小さいは無いはず。

解決して差し上げたいという思いで関わりますので、ご遠慮せずに話し合いを積み重ねていきましょう。

代表者あいさつ


問題解決に向けたホスピタル精神


リビングパートナーが関わってき方々の相談事の解決策は、それぞれ違います。100人居れば100通りです。

 

 

家を見て住む人を見ない提案では、統一的な解決策になりがちです。

事情や意向が違う住環境の課題に対して最良になるとは限りませんし、

その影響や実態を経験してきました。

 

 

確かに1案件ごとに話し合いを重ねることには労力がかかります。

 

 

専門的知識や経験で容易に解決可能なことでも、住む人を思いやればもうひと工夫考えたほうが得策である場合も多く、掘り下げて調べ、考え、理解して頂くための準備は時間も要します。

その人に合わせた解決策を見出すためには、このようなプロセスが必要なのだと思います。

ここに正面から向き合う業者がいてもいいのではないかと思います


「もっと早く知っていれば…」

「安心だからまた相談に乗って」

「お宅みたいな業者も居るんだなあ」といただく声は、その労力なしには得られなかった貴重な経験です。

 

 


一定の知識や経験で専門家として傲慢になってしまう事のないよう、

1案件ごとの労力を惜しまず、その積み重ねをアドバイスに生かし続けます。

 

 

2017年4月27日  代表 久保田修

代表者経歴


●畑違いからハウスメーカー及び工務店に10年勤務。新築を売る営業マン、アフターサービス対応、現場監督、現場管理職などを経験。

●異業種活動1年

福祉施設ボランティア・盲人ランナー伴走等の地域交流・行政街づくり塾への参加等。

●2004年事業設立

現在に至る。2017年1月現在で13年目。

事務所概要


事業内容

●家守(いえもり)事業 敷地と建物の美化・保守・維持管理・修理修繕

●いえづくり事業 敷地と建物の改修・新築・減築・増改築の企画統括

●建築士事業 住宅設計・工事監理・住宅調査・法定手続代理

●セカンドオピニオン事業 住宅診断・新築サポート

●住育事業

 

事業目的 

●住む人が、安心して暮らせるための住環境支援を行うこと

●新築やリフォームの仕組みやプロセスを安定させ、専門的に支えること

●信頼できる工事業者とつながり、職人の存在価値を高めること

●住環境の大切さや身近さを、より伝えていくこと

●家守事業を仕事と出来る将来の人材づくりに貢献すること

 

設立

2004年(平成16年)10月19日~住育の日

(2017年1月7日現在:第14期)


代表・管理建築士

久保田 修

 

所在地

青森県弘前市石渡3-2-19-1号

TEL

0172-26-7808 

FAX

0172-33-8493

電子メール

part-one@live.jp

 

ホームページ

http://liv-par.jimdo.com/ 

ブログ

http://blog.goo.ne.jp/livingpartner

ツイッター

https://twitter.com/PartoneOne